ドゥロワー買取専門 DrawerBOX

047-702-3002OPEN 10:00〜19:00

JP / EN

INSTAGRAMLINE

ドゥロワー買取専門 DrawerBOX
INSTAGRAMLINE
JP EN

これまでの買取実績 

ミナペルホネン

ブランド説明
ミナペルホネン(minä perhonen)は女性服を主に展開している日本の服飾ブランドです。1995 年、デザイナーである皆川明が自身のブランドとしてミナ(minä )を立ち上げたところから始まります。自宅兼アトリエでスタートさせましたが、2000年に東京、白金台に直営店をオープンさせ、2003年にはブランド名をミナペルホネンに改名しました。

ミナとはフィンランド語で「私」、ペルホネンとは「蝶」の意味です。ブランドとして長く続くことを考え、自分の名前のような固有名詞を避けて、多くの種類がある蝶の羽のような軽やかで美しいデザインを作りたいという願いが込められています。

ブランドのロゴは四角の中に点がならんでいるデザインですが、ひとりの中に個性はひとつではなく、たくさんの個性(点)が集まって形成されているという意味のデザインです。

オリジナルのテキスタイルにはそれぞれ名前がついており、ブランド名にもなっている蝶をモチーフにしたchouchoや小さな点を繋いで輪を描いたtambourine、はねるウサギをモチーフにしたrun run runなど多くの種類があります。

生き物や植物のような自然の物をモチーフにすることが多く、流行にとらわれない、シンプルながらも優しく美しい色のデザインに魅了されている人も多いです。

布地にもこだわりがあり、国内外の生地の産地とやり取りを重ね、素材や技術の開発にも力を注いでいます。素材を活かして作られるのは、ワンピースや、スカート、コートといった洋服の展開が多いです。

持ち手をウサギの耳に見立てたusa bagや鳥のフォルムが可愛らしいtori bag、これまでに作られた種類が900以上あるegg bagといった定番のバッグも人気があります。製品を作る時に出る端切れをpieceと呼び、それらを繋げ合わせ小物やバッグにしたものも人気です。デニムにパッチワークしてリメイクをしたり、何点かをセットにして販売したりしており、小さな端切れも無駄にせずに大切に扱う姿勢が伺えます。

洋服を中心に取り扱うのは代官山店、ファブリックやクッション、器など生活に寄り添う物を取り扱うのは渋谷のmateriaaliです。piaceから作られるリメイク物を取り扱う渋谷のpiace など、それぞれのスタイルに合わせて各地でショップを展開するほか、ネットでの購入が出来るものもあります。

東京と京都にある直営店、アルキストットでは、結婚式など特別な日に、ミナペルホネンの洋服をレンタルできるシステムも魅力的です。日々の中の特別な1着になるようにとの願いを込め、素材やデザインにこだわって作られるミナペルホネンのアイテムは今後も発展を続けます。

買取強化ブランド 

PICK UP BRAND

買取強化ブランド

買取金額より20%UP。

Drawerは常時20%UPです!

取扱いブランド 

買取強化アイテム 

PICK UP ITEM

買取強化アイテム一例

オールシーズン物・逆シーズン物 
どちらも大歓迎です。

取扱いアイテム 

買取が難しいお品物 

下記のお品物はお買取が難しいケースもございますので予めご確認ください。
定価5,000円以下の商品はお値段がつかない場合がございます。ご了承ください。
  •  
  •  
  •  
  •  

かんたん無料査定